ミニバンドを利用した股関節の筋肉のトレーニング

ミニバンドを利用した股関節の筋肉のトレーニング

ミニバンドは、股関節の働きや安定性に重要な部分を効果的に鍛えることが可能なトレーニング用具です。

 

最初は強度の弱いバンドを使い、慣れてきたら強度の強いバンドを使用していくことで効率を高めていくことができます。

 

股関節付近の筋肉を鍛えるトレーニングとしては、膝を90度に曲げ、ミニバンドを両の太腿の膝近くにつけます。

 

そして両膝同士がくっつかないように脚を開いたままでお尻を持ち上げ、上体から膝までを一直線にし、床に下ろすことを繰り返します。

 

ミニバンドを両足首につけて、足を腰幅よりやや広めに開いて、床から少し浮かし、そこから脚を90度程度まで上げ下ろしすることを繰り返すことで、曲げ伸ばしするのに使う筋肉を鍛えられます。

 

両足首にミニバンドをつけて、膝を若干曲げて足を腰幅程度に開き、上体を真っすぐにしたままで片方の足を肩幅くらいに外側へ動かし、元に戻して逆の足を開く、ことを繰り返すことで股関節付近の筋肉のトレーニングになります。

 

同じく両足首にミニバンドをつけ、膝を少し曲げて真っすぐ立ち、片方の脚を股関節から上げるように蹴りだすことで股関節の前側の筋肉を、後ろに蹴りつけることで伸ばすのに使う筋肉を鍛えることができます。